COCOCHI住宅

住む人の心地よさへの探究

『COCOCHI住宅』とは

1. 心地よい空気

心地よい空気とは?

心地よい空気をつくるために壁の仕組みを工夫しています。 その仕組みの中心となるは断熱材です。断熱材はセルロースファイバーを使用しています。原材料は新聞紙で植物由来の素材です。 セルロースファイバーは水蒸気を吸収する能力が高く屋内の湿度を調整してくれます。

大切なのは、屋内の湿気のコントロール

気密性の高い家が主流ですが・・・

家の内装にビニルクロス、建材メーカーのフローリングを使用すると、気密性の高い家が出来上がります。日本の大工さんは腕が良く、施工がしっかりしているため壁や天井には空気が出入りする隙間ができません。一般的な住宅では施主さんが望む望まざるにかかわらず、空気の動きの無い密閉された空間が造られています。

密閉された居住空間は何が問題なのでしょうか?

多湿な日本の気候に加え、家の中では人間の呼気や暖房機器(ガス、石油ファンヒータ)、調理など様々な場面で水蒸気が発生しています。 過度な水蒸気は屋内を不快な空間にさせるだけでなく、結露の原因にもなります。 窓ガラスなどに結露が継続して発生するとカビの原因にもなります。 色々な汚染科学物質も屋内を漂ったままになります。住宅用の建材(フローリングやドア壁紙など)では汚染化学物質(いわゆるシックハウスの原因となる化学物質)に対する規制が厳しく汚染化学物質はほとんど含まれていません。 それでも微量ですが汚染化学物質が放出されています。家具や日用品にいたってはその規制が無く、いまだに汚染化学物質が多く含まれているものも少なくありません。 密閉された空間では水蒸気や汚染化学物質の逃げ場がないのです。

COCOCHIシステムの空気づくりは簡単です。

 

COCOCHIシステムの住宅では、空気や水蒸気が壁を透過します。室内の湿度が高くなれば水蒸気が屋外へ放出されます。その水蒸気が屋内の汚染化学物質や臭いも一緒に屋外へ運んでくれます。一方で、断熱性能は高く保温力もあります。そのシステムは高価なものでも特殊な工法でもありません。メンテナンスも必要ないのです。

2. 採光・通風
 プライバシーを
 考えた設計計画

COCOCHIの家では間取りを工夫することにより、採光、通風、そしてプライバシーに考考慮した家づくりをご提案しています。 土地の周辺環境に合わせて設計計画を行います。

3. 素材選び

健康に優しい素材選び

COCOCHIシステムでは壁の仕組みにより屋内環境を造ります。
断熱材はセルロースファイバーを使用しますが、それ以外の素材は住まわれる方の嗜好と予算に合わせ、その素材がもつ長所、短所を理解いただいた上でお選び頂いています。
無垢材、天然素材を使用すれば屋内の空気は気持ちよく感じられます。
ただ、汚れやすく傷が付きやすいのも事実です。
人の成長や老いと同様、家も痛み変色もする、その経年の変化を“味わい”と思っていただけるお客様には無垢材や天然素材をお勧めしています。